1. フィギュア買取ネット >
  2. コラム >
  3. フィギュアのべたつきはどうすれば取れる?

フィギュアのべたつきはどうすれば取れる?

最終更新日:2022.06.13

やっと手に入れた推し。大事にしすぎて箱に入れっぱなしにしていたけれど、久々に触ってみたら、なんだかベタベタしている……?

「推しがべたついてる!」

なんていう事態は避けたいですよね。

今回は、フィギュアがべたついている時の対処法をご紹介します!

フィギュアがべたつくのはなぜ?

フィギュアがべたつくのは、材料に含まれる「可塑剤(かそざい)」が原因です。この可塑剤は、ソフビや塩ビを柔らかく加工するのに使われます。つまり、フィギュアとは切ってもきれない存在なのです。

そして、この可塑剤には「時間が経つと表面に出てくる」という性質があります。

箱から出していないはずのフィギュアがベタついているのは、そのせいです。

べたついたフィギュアを綺麗にする方法

フィギュアの表面に出てきてしまった可塑剤をとるには、次のような方法があります。

  • ・中性洗剤の泡で洗う
  • ・中性洗剤でつけ置きをする

ひとつずつ見ていきましょう。

中性洗剤の泡で洗う

フィギュアのべたつきを落とすには、中性洗剤の泡で落とすといいでしょう。一般的な食器用洗剤はほとんどが中性です。洗剤の裏側に属性の表示があるので確認してみましょう。

洗剤をつけて洗う際には、水を足して少し薄めてから泡立てます。出来た泡だけをフィギュアにつけていきます。洗剤そのものをフィギュアにつけてこすると、塗装がはげたり、表面に傷をつける恐れがあるので、先に泡立てておくことをおすすめします。

中性洗剤でつけ置きをする

フィギュアが全体的にべたついている場合には、水で薄めた中性洗剤につけて置くことでべたつきを取ることもできます。

割合は洗剤1に対して水5程度にしておきましょう。そこにフィギュアを入れて半日ほど置きます。

時間が経ったらフィギュアを取り出し、水で洗い流してから拭きましょう。

ベタベタにならないようにするには?

フィギュアがべたつかないようにするには、コツがあります。

日光に当てない

フィギュアを日光に当たりっぱなしにすると、表面の乾燥をうながしてしまうため、べたつきやすくなります。また、日光による色落ちも激しくなってしまうため、フィギュアは日光に当てないようにしましょう。

箱に入れっぱなしにしない

フィギュアを開封せずに密封状態のまま箱に入れておくと、可塑剤が表に出やすくなってしまいます。密封状態のまま保存しないように気を付けましょう。

まとめ

大事な推しにはいつまでも素敵な姿でいて欲しいですよね。今回ご紹介したフィギュアがべたついた時の対処法とそうならないための予防策を参考に、快適なフィギュアライフをお送りください!

買取お申し込みフォーム
業界最速自動お見積り
SNSでネリアをフォローしてね!
  • Twitterでフォロー!キャンペーン情報を最速でお届け!
  • Instagramでフォロー!フィギュア好きさんと繋がりたい!
買取センター
買取センター外観

東の電気街が秋葉原なら、西の電気街は大阪日本橋!
その日本橋にある買取センターでは 毎日20名の専門査定スタッフが、日々お申込いただきましたフィギュアを丁寧に査定しています。

古物商許可証番号

大阪府公安委員会
第621152103424号
GEEKS株式会社

ヤフオク!エコマケストア